Home » サポート

Bigvan SXF Browser

Bigvan SXF Browserとは

   

Bigvan SXF Browserは、国土交通省が推進する電子納品の標準ファイル形式であるSXFファイル(p21/sfc)の閲覧、 CAD製図基準(案)チェック、複数ファイル表示、属性表示などの機能を備えたファイルビューワで、 オープンCADフォーマット評議会(OCF)が定める検定制度「SXF対応ソフトウェア検定(CC2)」および 「SXF確認機能検定」の認証を受けています。

国土交通省は、公共事業の執行効率化、質の向上などを目的として、同省発注の公共事業を対象に、 2001年度から電子納品システムを導入、推進しています。
 そして、現在国土交通省が提供しているSXFブラウザについても、今後同等の機能を持つソフトウェアの開発を民間に委ねることを視野に、 SXF表示機能及び確認機能要件書(案) が公開されています。
 Bigvan SXF Browserは、この要件書をもとに開発されたもので、国土交通省が提供するSXFブラウザに比べ、 より一層利便性を高めています。

 

動作環境

動作環境
OS
  • Windows ® Vista SP2以上
  • Windows ® 7
    Home Premium、Professional 、Ultimate
  • Windows ® 8、Windows ® 8.1
  • Windows ® 10
CPU Pentium ®4以上推奨
メモリ 32bitOS 1GB以上(推奨2GB以上)
64bitOS 2GB以上(推奨4GB以上)
ハードディスク 1GB以上
ディスプレイ 解像度1280×768以上(推奨 1,280×1,024以上)

Bigvan SXF Browserの主な特長

表示機能

「前画面」、「再表示」、「フリーズーム」の表示機能で利便性が向上

ウィンドウ表示機能

ウィンドウの「重ねて表示」、「上下に並べて表示」、「左右に並べて表示」などの機能が使用可能

SXF表示機能及び確認機能

  • SXF表示機能及び確認機能要件書(案)(平成21年3月 国土交通省 国土技術政策総合研究所)の各機能に対応
  • 表示機能(10機能)、定形確認機能(16機能)、問題個所確認機能(9機能)、目視確認機能(8機能のうち5機能)に対応
  • また、この機能に追加して部分図別表示にも対応
定型確認機能
  • 色の確認機能
  • 背景色の確認機能
  • 線種の確認機能
  • 線幅の確認機能
  • 文字の大きさの確認機能
  • 文字コードの確認機能
  • 文字配置の確認機能
  • SXFファイルのバージョン確認機能
  • レイヤ名の確認機能
  • 用紙外図形の確認機能
  • 重複図形の確認機能
  • ショートベクトルの確認機能
  • 図面の大きさの確認機能
  • 図面の正位確認機能
  • 輪郭線の確認機能
  • 余白の確認機能
問題個所確認機能
  • 重複図形の利用個所表示機能
  • ショートベクトルの利用個所表示機能
  • "規定外色"の利用個所表示機能
  • 背景同色の利用個所表示機能
  • "規定外線種"の利用個所表示機能
  • "規定外線幅"の利用個所表示機能
  • "規定外文字高"の利用個所表示機能
  • "規定外文字コード"の利用個所表示機能
  • "規定外文字配置"の利用個所表示機能

既定義ハッチング表示

既定義ハッチングが表示可能のため道路基盤地図情報交換属性セットの図面目視が可能

モノクロラスター表示

モノクロラスターの透過表示により幾何要素と重なっても幾何要素が確認可能

朱書きファイルの表示

SXFver.3.1実装規約の朱書きファイルの読込に対応

図形名の確認

作図グループの図形名、作図部品の図形名、属性図形名の確認可能

属性図形の属性確認

属性図形の属性セット名、属性名、タイプ、単位、値、ターゲット属性の確認可能



ダウンロード

国土交通省のSXFブラウザの主な留意点

CAD製図基準(H20.5)チェック

SXF表示機能および確認機能要件書と違うチェックをする項目があるため、正しくても目視確認になることがあります

モノクロラスター表示

モノクロラスターの表示は透過表示ができませんので、表示順が下側に幾何要素が重なっていると幾何要素が見えません

朱書きファイル

SXFver.3.1実装規約に規定されている朱書きファイルの取り扱いに対応していません

既定義ハッチングの表示

道路完成図作成要領の則った納品図面の仕様である道路基盤地図情報交換属性セットでは、面データを既定義ハッチングで作成、透過した色で表示することが規定されていますが、枠線のみの表示になってしまいます